洗顔不要のクレンジング、普通のメイク落としと比較

category01

クレンジングは発泡しない性質が基本となります。
洗顔に使用して不要な汚れをあらかじめ落としておく為にも使えますが、メイクオフする目的で用いるのがポピュラーです。液体(リキッド)、オイル系、ジェルやゲルタイプ、乳液とクリーム状の質感があるクレンジング剤は幅広く流通していますが、中には付けた後にマッサージをして、洗い流すだけで「後の洗顔不要」な洗浄剤があります。


二度洗いは皮膚に負担を与える上に、乾燥を促進させるデメリットが問題の種です。しかし、一回だけでメイクと汚れを落とせるならば、肌へのリスクは比較的、激減します。
一度使用して洗い流すだけで済む、メイクオフ製品は化学物質の配合が多いと思われがちですが、実際は製造元によります。効果の比較すると化学成分で落とすクレンジング剤は刺激が強く、保湿因子や皮膚にストックされている水分も奪います。


しかし、天然成分を要とするアイテムは不要な汚れを落として必要以上に潤いを奪わない性質が強みです。パパイヤから抽出した「パパイン酵素」やパイナップルから得られる「ブロメライン」は、自然に古いタンパク汚れを分解する様に促します。

こちらのクレンジングの比較が一般的になってきました。

それら二つを比較すると、前者の方が分解作用が強いです。

日本経済新聞の情報を求める人におすすめのサイトです。

パパイン酵素は皮脂や毛穴詰まりにも特効をあらわしますが、多く配合されているほど、効果を発揮します。



いらない角質が剥がれ落ちやすくなると毛穴の奥に詰まった汚れも取りやすくなるメリットがポイントです。

1から学ぶ美容

category02

現在、市販で流通しているクレンジングにはオイル、クリーム、ミルク系とリキッドタイプがあります。色々な種類がありますが、それぞれの特徴と違いを比較して、本人ににあった物を選ぶ事がポイントです。...

subpage

美容をよく学ぶ

category02

乾燥肌対策に重要なのはクレンジングの比較です。市販商品や通販限定商品が売られていますが、これらのものは洗浄力や配合成分に違いがあります。...

subpage

美容をもっと知る

category03

メイクをする上で毎日のケアとして、欠かせないのがクレンジングです。きちんとその日のメイクはその日のうちに落としておかないと、肌荒れの原因となってしまいます。...

subpage

知っておきたい常識

category04

メイクを落とすだけと思ってはいけません。クレンジングを比較してみると、それぞれに特徴があることがわかります。...

subpage