タイプ別クレンジングの種類を比較、使うタイミング

現在、市販で流通しているクレンジングにはオイル、クリーム、ミルク系とリキッドタイプがあります。
色々な種類がありますが、それぞれの特徴と違いを比較して、本人ににあった物を選ぶ事がポイントです。
肌の老化を防ぎながら美肌を保つのに必要な化粧品です。

始めに「オイル系」のクレンジングは、油分でメイクを浮かせて落とす性質を持ちます。
油分の多いオイル系のメイク落としは、ファンデーションを落としやすいメリットが強みです。しかし、油分が多すぎると皮膚に成分が留まってしまい、それを落とすためにダブル洗顔しなければいけない場合があります。

クレンジングの比較情報探しに特化した総合サイトです。

次に「リキッド系」ですが、コットンに含ませて拭き取るだけで済ませられる利点は忙しい人には便利です。油分が少ないですから、洗浄力を高めるために界面活性剤は多めに配合する傾向にあります。

人気のYahoo!ニュースについてお答えします。

注意すべきところはコットンに含ませた後にゴシゴシと擦らない様にする事です。


比較的に保湿成分が多めな「ミルク系」のクレンジングは、皮膚の中の保湿因子を落としにくい性質があります。

しかし、メイクを浮かせる為の成分が、少なめである事が多く、ファンデーションが落ちにくいというのが問題点です。


パウダーメイクしてあるなら落とすのは難しくはないですが、敏感肌や乾燥肌向けの製品です。



保湿しながら皮膚の負担を少なくする「クリーム系」のクレンジング剤は、比較的に手頃な価格で手に入りやすいです。

適度な油分を含んでいますから、メイクを落としやすく出来ます。
液状の製品と比較すると、擦らずに落とせますから、摩擦も発生しない利点があります。